第一声をあげました

日本共産党の甲府市長候補、長坂まさはる候補が力強く第一声をあげました。


大勢の、近所の方や同級生、支持者のみなさんを前に、安倍内閣の暴走政治から市民を守り、くらし優先の市政へと転換する決意を訴えました。


市長選挙と同日投票の県知事選挙をたたかっている花田仁候補も訴えました。


志位和夫委員長、小池晃副委員長、畑野君枝衆院議員、斉藤和子衆院議員、田村智子参院議員、小越智子県議からメッセージが寄せられました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    小林義孝 (月曜日, 19 1月 2015 19:14)

    国保のキャラバンでいつも感心しています。市民のくらしを守って頑張る姿を浮き彫りにする選挙で、必ず共感がが広がると確信します。